羽田空港施設見学2017

✈ 羽田空港に行って来ました!

日本航空施設見学

 2泊3日の羽田空港施設見学から帰ってきました。多くの学びと感動がありました。日本航空・東京国際空港ターミナルの皆さまのおかげです。案内してくださいました各部署の皆さま、私達を温かく迎え入れてくださり、丁寧にわかりやすく教えてくださいましたこと、心より感謝申し上げます。ありがとうございました。

✤9月11日

  • 羽田空港 日本航空オペレーションセンター

 名古屋から新幹線で品川に着き、京浜急行に乗り換え羽田空港に来ました。午前中は羽田空港の日本航空オペレーションセンターをご案内していただきました。オペレーションセンターはキャビンアテンダントやパイロットがフライトの準備をしたり、空港スタッフのコントロールをしたりする施設です。キャビンアテンダントをはじめどなたも明るい笑顔で輝いていました。オペレーションセンターの窓からは駐機場が見えました。整備士やハンドリングの方は出発する飛行機に2回もお辞儀をしていました。1回目は飛行機を利用していただいたことへの感謝、2回目は無事に目的地に着くように祈りの気持ちを込めてのお辞儀だと伺いました。日本航空の皆さまは社内外全ての人に感謝を持ってお仕事されていることを改めて痛感しました。

  • 羽田空港 第一ターミナル

 日本航空が使用している羽田空港第一ターミナルは南ウイングと北ウイングに分かれています。南ウイングにありますJALスマイルサポート(センター)を見学しました。奥に何台もの車いすが置いてありました。保安検査場で乗り降りしなくてもよいようにと木製の車椅子が用意されていることにお客様へのご配慮を感じました。

 

  • 日本航空 客室教育訓練部

 午後からは日本航空の客室教育訓練部を見学しました。はじめに非常救難訓練センターにご案内していただきました。ちょうど定期救難訓練が行われていて、あちらこちらから「頭を下げて!」という声が聞こえました。VTRで訓練の様子を見たことはありましたが本物の訓練を見たのは初めてでした。真剣な表情や姿勢から保安要員としての任務がいかに重責であるかを肌で感じました。その後、教室に移動し教官からキャビンアテンダントの訓練内容について講義を受けました。その後、国際線のファーストクラスのモックアップ座席に座らせていただき、座席の使用方法などの説明を受けました。普段は乗ることのできない座席に座ることができ大変嬉しく思いました。

 

✤9月12日

  • 日本航空 オペレーションコントロールセンター

 午前中は天王洲アイルのJAL本社ビルにあるオペレーションコントロールセンターを見学しました。フライトの中枢となる部署で、一般の立ち入りはなかなか許されない所です。この日は台風が接近しており、対応について話し合う会議が行われていました。そのような大変な時であるにもかかわらず、笑顔でご丁寧に案内してくださいました。飛行機の安全性と定時性を守るために、このオペレーションコントロールセンターでは出発までの綿密な準備、フライト中のパイロットへの情報伝達、イレギュラー対応などが24時間行われます。慎重かつ大胆な判断が求められる部署であることを知りました。このような緊張感あふれる部署で働く社員の方を目のあたりにして、社員のお客さまや安全に対する意識の高さを実感しました。

    • JAL工場見学・スカイミュージアム

 スカイミュージアムは航空会社のしごと紹介や日本航空の歴代の飛行機や制服などの歴史また座席などのサービスの紹介がされている施設です。こちらには簡易に着ることができるイベント用の制服が用意されており記念撮影もできました。スマホの中の自分はまるで本物のキャビンアテンダントのようで、学生は皆満面の笑顔でした。航空教室では、飛空機の飛ぶしくみや羽田空港の概要なども学ぶことができました。
格納庫では偶然にも777が格納庫に入ってくるところを見学できました。あんなにも間近で動く飛行機を目にしたのは初めて、その大きさに圧倒されました。滑走路から飛び立つ飛行機は何機も見ることができました。離陸の瞬間は何度見てもワクワクしました。

 

 東京国際空港ターミナル見学

✤9月13日

  • 東京国際空港ターミナル(羽田)


 いよいよ最終日です。東京国際空港ターミナル株式会社の方から、羽田国際線ターミナルをご案内いただきました。このターミナルに導入されているユニバーサルデザインについて教えていただきました。「そうだったのか」と関心するようなことばかりでした。案内所のそばでコンシェルジェの方を拝見しましたが、どなたも素晴らしい笑顔でお客さまに応対されており、サービスも設備も人にやさしいターミナルであることを実感しました。国際線ターミナルの様々を知ることができて大変勉強になりました。お忙しい中とても詳しくご丁寧にご案内してくださり感謝いたします。ありがとうございました。

帰りは日本航空209便に搭乗しました。キャビンアテンダントは4人全員、にこやかに接してくださりお客さまを大切にしている心が伝わってきました。
学生にとってこの3日間は自分の将来を見つめる大変貴重な素晴らしい機会となりました。
このような機会を与えてくださいました日本航空・東京国際空港ターミナルの皆さまに感謝申し上げます。ありがとうございました。

エアラインプログラム担当
浜口千寿子