英語英米文化学科

img47d8b3e0184b5

高い英語運用能力と柔軟な思考力で世界へ!

英語英米文化学科の強みは、次の2点です。

一つは、高度な英語運用能力を身につけるための充実した授業がそろっていることです。本学科の学生は、4年間にわたり英語コミュニケーション能力向上のための授業を履修します。また、本学科の学生全員が年に2回、TOEIC(IP)を受験するので、自分の英語力を常に把握できます。また、英語スキル系の授業はすべて習熟度別にクラス分けされており、自分のレベルに合った授業を受け、英語力を徹底的に鍛えます。 二つめは、広い教養、柔軟な思考力をしっかりと身につけられるという点です。イギリス・アメリカをはじめとする英語圏の文化および言語に関して、専門的に学んでいく中で、広い教養と柔軟な思考力が養われます。これらの力を手にして、世界に羽ばたく女性を目指しませんか?

img47d8b23d160c9

2013年度から英語統合カリキュラムスタート!

この新カリキュラムの第一の特徴は、非常に効率的な英語学習ができることです。このカリキュラムでは、一つの授業で学んだことを無駄にしません。複数の授業で共通となる「コアテキスト」(コアとは、核になるもの、という意味)を用い、それを徹底的に使いこなします。たとえば、「Reading/Writing」の授業で読んだコアテキストの文章をモデルとしてエッセイを書き、さらに、「Speaking/Writing」の授業でその文章をテーマとしてスピーチを行い、「Listening/Pronunciation」の授業では、聴解・音読を行う、といったように、授業間のネットワークが密になっています。

英語スキルを伸ばすための科目は、35科目もあり、そのうち2科目を除き、すべて必修。少人数教育・習熟度別教育により、あなたの英語力を、無駄なく、最大限に伸ばします。ネイティブスピーカーの教員1名に対して受講生4名の超少人数授業である「Teacher-Student English Interview」、1~4年次まで必修となっている「Business Communication」、留学に必要な英語を学ぶ「留学のための英語」など、多彩な授業で、あなたの英語力を確実に伸ばします。

通訳・翻訳をはじめとした英語のプロフェッショナル養成

プロの通訳者・翻訳者をはじめ、英語のスペシャリストを育成する「英語スペシャリスト養成プログラム」。実践で使えるレベルを目標に、徹底したトレーニングを行います。

子どもの英語の先生になりたい人にも

「キッズイングリッシュ(早期英語教育指導者養成)プログラム」では、幼児・児童への英語指導の理論・実践が学べます。卒業後は現場の即戦力として活躍することを目標にします。

航空業界を目指す人

英語英米文化学科は、2006年4月より「エアラインプログラム」をスタートしました。JALの協力により実現した実践的なプログラムです。

海外留学を学科全体で応援します

TOEFL対策に役立つ授業も豊富。留学先での学習や生活の相談・指導は各教員が親身になって応じるほか、留学体験のある先輩からも具体的なアドバイスがもらえます。